ホーム協会案内イベント情報国際会議例会案内セミナー案内コンポジット委員会お問い合わせ
SAMPE JAPAN 会員サイト
SAMPE JAPAN 入会のご案内

最新ニュース(更新2017/6/27)
平成29年度第1回(通算170回) 技術情報交換会のご案内

開催案内(WORD型式
開催案内(PDF型式

平成29年度第1回技術情報交換会を、7月20日(木)に東京大学工学部にて開催します。先回は日大上田先生に3Dプリンタについてレビューを行って頂きました。技術開発の速さは目覚ましく、その状況を体感して頂こうと、Digital Stream社にお願いしてMarkforged社の炭素繊維を成形できる世界初の3Dプリンタを会場に持ち込み、成形実演をして頂くこととしました。一方、繊維を精密に無駄なく配向する技術としてTailored Fiber Placementがヨーロッパで開発されています。マトリックス素材開発、刺繍機械や光造形、3Dプリンタ成形のノウハウを各社が持ち寄って、その実用化開発を進めるプロジェクトが日本でも行われています。この技術についてMGCより紹介して頂きます。さらに熱機能性CFRPの競合材料である低熱膨張セラミックの技術紹介を黒崎播磨に、炭素繊維の誘導加熱技術と応用例・実績例の紹介を島田理化にお願いしました。
総会の後で普段より短い時間にかかわらず、盛りだくさんの内容を集めました。会員の皆様にとってきっと役に立つ情報であると思っております。多数の皆様のご参加をよろしくお願い致します。

          記

1.日 時:平成29年7月20日(木) 14時30分〜17時 講演会
      17時〜19時 3Dプリンターデモ、情報交換会 
2.場 所:東京大学工学部    講演会:2号館1階213教室、
      情報交換会:2号館2階展示室
3.参加費:正会員・賛助会員: 8,000円、学生会員: 無料(ただし情報交換会は実費2,000円)
非会員:11,000円、非会員学生:4,000円
参加費は『三菱東京UFJ銀行 鎌倉支店(普)1276101先端材料技術協会』に振込料自己負担でお振込ください。当日会場受付でもお受け致します。
4.参加申込:別添の申込用紙に所要事項をご記入の上、メールあるいはFAXにて協会事務局にお送り下さい。

定員は80名です。ご確認は下記宛にご連絡下さい。
Tel: 03-5981-9824 Fax:03-5981-9852
E-mail:g001sentan-mng@ml.gakkai.ne.jp
宛先:先端材料技術協会事務局
SAMPE国際会議への派遣学生推薦のお願い

案内文書(PDF型式

日頃は先端材料技術協会の活動にご協力頂き、誠にありがとうございます。
さて、先端材料技術協会では、毎年米国で開催されるSAMPE国際会議の学生シンポジウムに学生を派遣しております。つきましては、皆さまから派遣学生をご推薦頂きたく、ご案内申し上げます。
本年度はCAMX(9月11日〜14日、Orland, FL)にて開催される学生セッションに学生の派遣を行うことになりました。日本―米国往復の飛行機運賃、宿泊ホテル代および登録代(full)はSAMPEが負担します。

CAMX (The Composites and Advanced Materials Expo):
1. Conference: September 11-14, 2017
2. Exhibits: September 12-14, 2017
3. Venue: Orange County Convention Center, Orlando, FL
4. URL: http://www.thecamx.org/

研究発表や学生交流に加えて、先端材料に関するチュートリアルや見学等へ参加するまたとない機会が得られます。世界の関連業界の最新の情報に触れることができ、学生の成長に極めて有益な機会を提供するものとなります。ぜひご推薦をお願い申し上げます。
研究成果を発表し、学生交流にも積極的な候補学生(大学院生)がいらっしゃる場合は、簡単な推薦状(A4で2枚以内)を添えて、河井までご推薦頂きたくお願いいたします。推薦学生は、学生委員会で審議の上、選出させて頂きます。連絡はE-mailにてお願いいたします。
なお、推薦される学生はSAMPE会員であることが必要です。非会員の方が派遣学生として選出された場合、入会して頂くことになります。
学生にとりまして大変貴重な機会となりますので、日本代表として相応しい方を積極的にご推薦頂ければ幸いです。何卒よろしくお願い申し上げます。

推薦締切:2017年7月15日(土)
連絡先:河井昌道
E-mail件名:CAMX2017派遣候補者推薦
E-mail: mkawai@kz.tsukuba.ac.jp
筑波大学システム情報系
          以上
コンポジット委員会 第64回研究会のご案内

開催案内(WORD型式
開催案内(PDF型式
このたび、コンポジット委員会 第64回研究会を下記の通り開催することになりました。つきましては、ご参加いただき、積極的なご討論の程、よろしくお願い申し上げます。

日 時:2017年8月28日(月)13時10分〜19時00分
場 所:同志社大学(今出川校地 室町キャンパス)寒梅館 地下A会議室
     〒602-0023 京都市上京区烏丸上立売下ル
定員:100名。多数のご参加が見込まれますので、先着順の申込とさせて頂きます。なお、遅くとも、準備の都合上、8月11日(金)までに、お申し込みください。
申込み先:SAMPE Japan コンポジット委員会事務局
     (FAX:0773-62-8939、E-Mail: sinohara@maizuru-ct.ac.jp)
参加費:会員 \8,000、非会員 \12,000
お支払方法:研究会当日、受付にて現金でお支払いお願いします。
SAMPE通信 2017年05/06月号

SAMPE通信 2017.3(PDF型式

1. SAMPE Journal 2017 年 05/06 月号をお届けします。
本号は、Infusion Manufacturing Technologies と題した 3 大特集(1.1〜1.3)となります。

1.1 RFI 成形(レジン フィルム インフュージョン)による RTM370 ポリイミド複合材料の評価 (P.7〜P.13)
高耐熱性のある RTM370 ポリイミド樹脂(Tg=370℃/280℃下では低溶融粘度、)と CF プリフォーム(T650-35 の GF ステッチあり)を RFI 成形によって製作した複合材パネルについて、様々な品質検査(破壊・非破壊検査)を行った結果を提示。

1.2 エポキシとポリウレタン樹脂の機械的特性が及ぼす HP-RTM プロセス パラメータへの影響 (P.20〜P.25)
最良の機械的特性を有する複合材を成形するためには、繊維と樹脂、製造パラメータを理解する必要がある。HP-RTM 生産に必要なこれらの条件出しのために、HP-IRTM(高圧注入 RTM)成形で製作した部品の機械的特性を評価・分析した結果を紹介。

1.3 LCM 成形(リキッドコンポジットモールディング)における複合材部品設計とプロセスシュミレーションの統合 (P.37〜P.43)
LCM 成形プロセスでは、製造工程設計を検証し、歩留まり率の最大化が求められているが、そのためには多くのシミュレーションの変動処理が必要となる。本研究では、新たに開発したツールを用いて CAD と連携させた、製造可能性における正確な分析をするための手法を紹介。

1.4 今月号の日本地域本部(p32)
第 4 回技術情報交換会(テーマ:新素材の応用展開)と、第 5 回特別例会(SAMPE EU 会議・JEC・欧州先端企業見学(SONACA・ASCO)ツアーin 欧州)の報告。
≪お知らせ≫SAMPE Global の方針により、次号の Journal から各地域レポートは終了します。よって、本号が最後の日本レポートとなります。今後は、各地域の広報部から、技術論文などの情報が掲載される予定です。

2. 日本地域本部活動
第 6 回技術情報交換会(テーマ:新しい製品技術とプロセス):2017 年 6 月 1 日 於:東京大学

3. SAMPE イベント予定(会期順)
3.1. SAMPE China 2017 (p51): 2017 年 5 月 10 日〜12 日 Beijing, China
http://www.sampechina.org/en/

3.2. SAMPE Seattle 2017 (p52〜79): 2017 年 5 月 22 日〜25 日 Washington, America
http://www.sampeamerica.org/

3.3. CAMX2017 (p18): 2017 年 9 月 11 日〜14 日 Florida, America
http://www.thecamx.org/

3.4. SAMPE EU 2017 (p28): 2017 年 11 月 14 日〜16 日 Stuttgart, Germany
http://www.sampe-europe.org/

【 SAMPE 日本地域本部 】http://www.sampejapan.gr.jp
【 SAMPE 本部 】http://www.sampe.org/
 担当(倉谷)e-mail:kado@kado-corporation.com
第15回 SAMPE先端材料技術国際会議・展示会(JISSE-15)
先端材料技術展2017 「技術革新は先端材料とともに。見つけよう未来を。TOKYOで!」




先端材料技術協会(SAMPE Japan)では、隔年毎に『Japan International SAMPE Symposium & Exhibition(SAMPE先端材料技術国際会議)』を開催しており、今年は第15回目となります。
現在、シンポジウムのアブストラクトや展示会の申込を受付けておりますので、皆様の益々のご発展に多いに役立てていただければ幸いです。

【シンポジウム】
会期:2017年11月27日(月)〜11月29日(水)
場所:東京ファッションタウンビル(TFTビル)会議室
URL: http://www.sampe.nuae.nagoya-u.ac.jp/jisse15/
※アブストラクト募集中: 2017年6月30日まで

【展示会】
会期:2017年11月29日(水)〜12月01日(金)
場所:東京ビッグサイト 東ホール
URL:http://biz.nikkan.co.jp/eve/sampe/
※出展申込受付け中:2017年7月31日まで
  • インフォメーション
  • 関連リンク集のご案内
    関連リンク集には、会員企業、関連学協会、関連研究機関、関連法人・団体のホームページを掲載しています。是非、ご覧ください。
    → 関連リンクページはこちら
イベントカレンダー
刊行物案内
学会事務局移転のお知らせ
SAMPE本部(英語)JCMA 炭素繊維協会日本複合材学会社団法人強化プラスチック協会
Global Home | 特定商取引に関する表記 | ENGLISH 先端材料技術協会
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-24-1 第2ユニオンビル4F
株式会社 ガリレオ学会業務情報化センター内
TEL:03-5981-9824/FAX:03-5981-9852
© SAMPE JAPAN. All rights reserved.