ホーム協会案内イベント情報国際会議例会案内セミナー案内コンポジット委員会お問い合わせ
SAMPE JAPAN 会員サイト
SAMPE JAPAN 入会のご案内

最新ニュース(更新2017/10/13)
コンポジット委員会 第65回研究会
「第9回 自動車用途コンポジットシンポジウム」


開催案内(WORD型式
開催案内(PDF型式

サスティナブル社会の構築にむけ、自動車には低燃費化に向けた重大な課題達成が求められています。今後一段と厳しくなるCO2排出規制に対応するためには、炭素繊維を中心とした強化繊維を用いた複合材料を車体に適用していることが必須課題となると推定されます。しかしながら、未だ、複合材料を用いた車体の量産化に求められる新しい技術開発課題は多く、現在なお、その実現のプロセスは明確にされていません。その解決の糸口は、さまざまな技術者・研究者が交流し、さまざまな視点から討論することにより、紡ぎだされるものと考えます。
今回のシンポジウム構成としては、技術紹介・一般講演発表・ポスターセッション(学生の研究発表)となります。また、技術紹介や商品紹介にご利用いただけるテーブルトップも募集しております。
関連の分野に関心をお持ちの方々や関係される多数の方々の積極的なご参加をお待ちしております。

          記

1.日時:2017年11月17日(金)
  10時〜17時15分 講演会、17時30分〜 情報交換会

2.場所:同志社大学(今出川校地)寒梅館地下 ハーディーホール・クローバーホール

3.参加費:共催・協賛会員 \10,000、 一般 \20,000、学生: \3,000、
  テーブルトップ \30,000 (1名分の参加費用含む/先着6社限定)

4.お支払方法:当日会場にて現金にてお支払お願いします。

5.各種締切り:
・シンポジウム聴講・情報名刺交換会申込: 2017年11月6日(月)
・テーブルトップ展示申込(先着6社まで): 2017年11月6日(月)

5.参加申込書 提出先:
同志社大学・先端複合材料研究センター事務局
( FAX:0774-65-6784 ・ E-mail:rdccm@mail.doshisha.ac.jp
SAMPE Awards!
SAMPE Fellows-Class of 2017


今年2017年のSAMPE Fellowsには、SAMPE Japan会員から2名受賞されました。
同時期に受賞者2名という功績は、SAMPE Japanとして初となります。
CAMX 2017 於 Hyatt Regency Orlandoにて表彰される予定です。(天候により延期中)

受賞者のご紹介(お名前の五十音順にて記載)

 ・経歴(PDF型式
 ・Appendix(PDF型式

木村 學 氏

GHクラフトの創設者であり、モノづくり(manufacturing or craftsmanship)に非常に熱意を持って取り組んできました。特に、未だ存在していないモノづくりを開発することを得意とし、既存の成形法と全く異なる手法を見出してきました。例えば、大型構造物の成形コスト削減のために金型や治具、設備を全面的に見直したり、OoA(脱オートクレーブ)成形を可能にしたりすることにより、低コストと工期短縮を実現してきました。45年に渡り、最先端複合材料を用いて、革新的なアイデアと日々の努力をベースに、多種多様な分野に貢献されました。

 ・経歴(PDF型式

武田 展雄 氏

東京大学の教授を務め、複合材料の実験マイクロメカニクス等様々な研究において、高い評価を受けておられます。さらに、国家プロジェクトを率いて、航空機複合材構造ヘルスモニタリング、新規CFRP材料の成形プロセスモニタリング・モデリングの技術における進歩に多大な貢献をされています。過去には、SAMPE JapanのJISSE 8・10・13のシンポジウム委員長として活躍して下さり、現在では、ICCM(国際複合材料委員会)の会長 並びに、Journal誌 Composites Part Aのアジア編集者を務められております。
第227回 塑性加工技術セミナー
「繊維強化複合材の成形シミュレーション」


開催案内(WORD型式

繊維強化複合材の利用拡大において、成形シミュレーションの利用は効果的ですが、複合材はメゾレベルの内部構造によって生じる強い異方性を持つため,適切な成形解析のためには,マルチスケール的なアプローチが不可欠と言われています。
今回のセミナーでは,現状の繊維強化複合材の塑性変形および成形のシミュレーション技術の現状を把握し,今後の技術の方向性を論議します。

          記

1.日時:2017年11月17日(金) 13:00〜17:05

2.場所:東京工業大学(大岡山キャンパス)
     大岡山西8号館10階 大会議室

3.参加費:
本塑性加工学会会員・賛助会員、協賛学協会個人会員 6,000円
学生 3,000円、一般 9,000円
※先端材料技術協会会員は、協賛価格になりますが、学生会員は学生価格です。

4.参加申込方法:
日本塑性加工学会ホームページ(http://www.jstp.or.jp)
【行事のご案内】のページよりお申し込みください.
※定員 50名

5.ご注意事項:本セミナーは、日本塑性加工学会が主催となり、先端材料技術協会は協賛となります。
平成29年度第2回(通算171回) 技術情報交換会のご案内

開催案内(WORD型式
開催案内(PDF型式

本例会ではマグネシウム合金とアルミニウム合金について、研究開発状況を紹介して頂きます。構造の軽量化はCFRPのみで達成される訳ではなく、適材適所に多様な材料が使われます。軽量金属材料に関する最新の知識は会員の皆様にも興味深いことと存じます。一方、最高の性能を有するカーボンナノファイバーについても低コスト量産技術の開発と実用化が進んでおり、その応用展開や、について紹介頂きます。合わせて複合材料構造の性能評価に関し、製造工程を考慮したシミュレーションによる予測精度向上に対する取り組みを紹介して頂きます。
今回も会員の皆様にとって、必ず役に立つ情報であると思っております。
多数の皆様のご参加をよろしくお願いします。

          記

1.日時:2017年9月28日(木)
13時〜17時(講演会)、17時〜19時(情報交換会)

2.場所:東京大学工学部(本郷)
2号館1階213教室(講演会)、2号館2階展示室(情報交換会)

3.参加費:会員 \8,000、 非会員 \11,000
学生会員: 無料(ただし情報交換会は実費\2,000円)、非会員学生:4,000円

4.お支払方法:『三菱東京UFJ銀行 鎌倉支店(普)1276101先端材料技術協会』に振込料金自己負担でお振込みください。
当日会場受付でもお受け致します。

5.参加申込方法:別添の申込用紙に所要事項をご記入の上、下記の協会事務局へお申し込みください。
※定員 80名

5.宛先:先端材料技術協会事務局
( FAX:03-5981-9852 ・ E-mail:g001sentan-mng@ml.gakkai.ne.jp
第15回 SAMPE先端材料技術国際会議・展示会(JISSE-15)
先端材料技術展2017 「技術革新は先端材料とともに。見つけよう未来を。TOKYOで!」




先端材料技術協会(SAMPE Japan)では、隔年毎に『Japan International SAMPE Symposium & Exhibition(SAMPE先端材料技術国際会議)』を開催しており、今年は第15回目となります。
現在、シンポジウムのアブストラクトや展示会の申込を受付けておりますので、皆様の益々のご発展に多いに役立てていただければ幸いです。

【シンポジウム】
会期:2017年11月27日(月)〜11月29日(水)
場所:東京ファッションタウンビル(TFTビル)会議室
URL: http://www.sampe.nuae.nagoya-u.ac.jp/jisse15/
※アブストラクト募集中: 2017年6月30日まで

【展示会】
会期:2017年11月29日(水)〜12月01日(金)
場所:東京ビッグサイト 東ホール
URL:http://biz.nikkan.co.jp/eve/sampe/
※出展申込受付け中:2017年7月31日まで
  • インフォメーション
  • 関連リンク集のご案内
    関連リンク集には、会員企業、関連学協会、関連研究機関、関連法人・団体のホームページを掲載しています。是非、ご覧ください。
    → 関連リンクページはこちら
イベントカレンダー
刊行物案内
学会事務局移転のお知らせ
SAMPE本部(英語)JCMA 炭素繊維協会日本複合材学会社団法人強化プラスチック協会
Global Home | 特定商取引に関する表記 | ENGLISH 先端材料技術協会
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-24-1 第2ユニオンビル4F
株式会社 ガリレオ学会業務情報化センター内
TEL:03-5981-9824/FAX:03-5981-9852
© SAMPE JAPAN. All rights reserved.