ホーム協会案内イベント情報国際会議例会案内セミナー案内コンポジット委員会お問い合わせ
SAMPE JAPAN 会員サイト
SAMPE JAPAN 入会のご案内
最新ニュース(更新2016/12/2)
SAMPE Japan 第三回例会のご案内

開催案内(WORD型式
開催案内(PDF型式

講演プログラムが確定しましたので、詳細は開催案内ファイルをご参照ください。

第三回例会を岐阜大学工学部で開催します。年6回開催する例会のうち1度は関東以外、1度はJEC視察(パリ)とすることが定着してきました。今回は、岐阜大学における複合材料研究の紹介を主とし、産業用途へのCFRP適用の課題と解決策を従のテーマとして例会を行います。航空や自動車へのCFRP適用が華々しい話題になっていますが、産業用途への展開も着実に伸びております。古くから産業応用を主に活動して来られたメーカに講演をお願いしました。会員の皆様の多数の参加をお願い致します。

1.日時:12月14日(水)講演会13時〜17時、情報交換会17時〜19時
2.場所:岐阜大学工学部 講演会:***教室、情報交換会:医学部食堂
     アクセス:http://www.gifu-u.ac.jp/access/
3.参加費:正会員・賛助会員:8,000円、学生会員:無料(ただし情報交換会は実費を頂きます)非会員:11,000円、学生4,000円(岐阜大学学生は会員扱いです)
参加費は『三菱東京UFJ銀行 鎌倉支店(普)1276101先端材料技術協会』に振込料自己負担でお振込ください。当日会場受付でもお受け致します。
4.参加申込:別添の申込用紙に所要事項をご記入の上、メールあるいはFAXにて協会事務局にお送り下さい。

定員は60名ですので、ご確認は下記宛にご連絡下さい。
Tel: 03-5981-9824 Fax:03-5981-9852
E-mail:g001sentan-mng@ml.gakkai.ne.jp
宛先:先端材料技術協会事務局
        以上
SAMPE通信 2016年11月/12月号

SAMPE通信 2016.6(PDF型式

1. SAMPE Journal 2016年11/12月号をお届けします。
本号は、Tooling Technologiesと題した4大特集(1.1〜1.4)となります。

1.1. DForm®(エポキシとBMIプリプレグのファブリックツール)の実用的な活用(p7〜16)
本研究は、材料積層工程の速度が4倍高速となり、その他のツーリングプリプレグのポートフォーリオを組み合せた新しい高順応タイプのツーリングプリプレグ(Cytec社DForm®)の紹介。

1.2. コンポジットツーリングの付加製造(FDM®)のための設計ガイド開発(p22〜28)
Stratasys社では熱溶解積層法(FDM®)技術により、広範囲でのツールサイズ・複雑さ・硬化温度を可能にした高機能複合工具の急速な生産が可能となり、この技術を用いた複合構造製作のための3Dプリンター用、高温用の金型やマンドレル用の設計概要の紹介。

1.3. エラストマーツーリング(ET)用のシリコーンゴム材料の繰返加熱の影響(p36〜46)
様々な形状で使用されているETだが、実際の複合部品の製造の温度と圧力サイクルに対する材料特性に依存されてしまう。今回、試験や最新機器を使用して4種のシリコンラバーの寿命評価を行い、最適条件を研究した結果を掲示。

1.4. 付加製造(AM)によるコンポジットツーリングの経済性(p55〜60)
Purdue大学では、炭素繊維強化PPS樹脂の付加製造の研究をしており、Aフレームツールの製造プロセスについて不可製造法と従来の製造法を比較研究した結果を掲示。

1.5. 今月号の日本地域本部(p50)
京都国際会議2016(JISTES2016 Kyoto)と、先端材料技術協会 日本地域本部の新役員の紹介。

2. 日本地域本部活動
2.1. 第8回自動車用途コンポジットシンポジウム:11月11日@同志社大学

2.2. Joseph H. Koo教授講演会「ポリマーナノコンポジットの基礎、特性、応用」:11月22日@全国家電会館

2.3. 成形セミナー「CFRP成形硬化プロセスの課題と解析技術」:11月30日@JAXA調布航空宇宙センター

3. SAMPE イベント予定(会期順)
3.1. SAMPE Brazil(p72): 2016年11月8日 〜10日 Sao Paulo, Brazil
http://www.tecnologiademateriais.com.br/mt/2016/mala_sampe/en/chamada/chamada_sampe_en.html

3.2. SAMPE Europe Summit 17(p52): 2017年3月13日 Paris, France
http://www.sampe-europe.org/

3.3. SAMPE China 2017(p35): 2017年5月10日〜12日 Beijing, China
http://www.sampechina.org/en/

3.4. SAMPE Seattle 2017(p17・48): 2017年5月22日〜25日 Washington, America (アブ締切日12/1)
http://www.sampeamerica.org/

【 SAMPE 日本地域本部 】http://www.sampejapan.gr.jp
【 SAMPE 本部 】http://www.sampe.org/
 担当(倉谷)e-mail:kado@kado-corporation.com
J.H. Koo 教授 講演会「ポリマーナノコンポジットの基礎、特性、応用」のご案内

開催案内(PDF型式

 このたび株式会社シンキーでは、ナノ材料・ナノコンポジットの権威であるテキサス大学のJ. H. Koo 教授を招聘し、「ポリマーナノコンポジットの基礎、特性、応用」の講演を開催いたします。
 ポリマーに無機ナノ粒子を添加材として導入することにより、従来のポリマーコンポジットが持つ特性を超えた様々な高機能を示すナノコンポジットを作ることができます。これらの「高機能化」は、ポリマーナノコンポジットにすることで、熱、燃焼、アブレーション、保湿性、透過性、電気的、化学的等々の特性が改善することを特長とします。ナノレベルで添加剤による制御/改変を行うことで、ポリマーの特性を最大限発揮させることができ、現在の商業、航空宇宙産業分野が求める以上の応用までも可能になります。本講演では、多種類のナノ材料の概論、(ナノフィラーのポリマーへの)分散技術、ポリマーナノコンポジット(再突入宇宙船、ロケットエンジン、付加製造、防火装置)を試験検証した例をご紹介します。

*************************************************
        記

Joseph H. Koo教授 講演会 「ポリマーナノコンポジットの基礎、特性、応用」

・日時   2016年11月22日(火) 13:15-16:00 (受付開始13:00)
・会場   全国家電会館 1 階(東京都文京区湯島3丁目6 番地1号)
・参加費  無料
・定員   50名
・申込締切 2016年11月11日(金)
・申込方法 ナノコンポジット講演会のお知らせのpdfファイルをご確認下さい

*************************************************
        以上
成形セミナー「CFRP成形硬化プロセスの課題と解析技術」のご案内

成形セミナーの更新のお知らせ
講演タイトルと説明内容の一部に変更がございました。
既に、(更新2016/10/26)分の資料をお持ちの方は、以下の「開催案内最終版10/31更新分」をご活用下さい。
(更新した内容を黄色ハイライトにしております)


開催案内(WORD型式

 CFRPの適用は、航空機分野では既知の通りB787やA350から開発中のB777-X主翼構造へと確実にその適用機種が拡大し、また自動車分野においては、CPM成形やHP-RTM成形によるハイサイクル成形/量産車への適用も実現するなど、ますます主構造複合材化が進められています。一方、航空機製造の現場では大型・厚肉・多層異方性積層材の成形をいかに高い品質と生産性と両立させるかという新たな課題に直面していますし、自動車分野では欧州のハイサイクル成形の実用化に日本が大きく水をあけられているのが現状です。
 そこで、本セミナーでは、航空機構造のような大型CFRP成形に関するプリプレグ成形の実際の課題や、RTM成形技術の要である樹脂含浸や硬化プロセスについて、解析技術や実務経験に富む講師を通して解説して頂く予定です。
 新たにCFRPやCFRTP成形への新規参入をご検討されている企業の皆様のみならず、現場での問題解決へのヒント、新たな研究分野として研究者の方々や学生の皆様にも、有益な情報になろうかと思います。さらに、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と首都大学のご協力で、首都大で実施している実大翼研究の見学を見学できることとなりました。会員およびご興味を持つ一般の方々にもご参加頂きたくご案内させて頂きます。

*************************************************
        記

1.日 時: 平成28年11月30(水) 13:00〜19:00
2.会 場: JAXA調布航空宇宙センター
    調布飛行場分室 研究総合C1号館4階大会議室
  所在地:東京都三鷹市大沢 6-13-1
  会場までのアクセスについては次ページの案内地図をご参照下さい。
  http://www.jaxa.jp/about/centers/cac/pdf/traffic_j.pdf
  (飛行場分室です)
3.参加申込:別添の申込用ファックス用紙に所要事項をご記入の上協会事務局にお送り下さい。
4.講演題目:概要は添付の案内をご覧ください。

1.「成形時複合材の内部ひずみ計測とそれに基づく硬化シミュレーション」 水口 周(東京大学)14:00〜14:50
2.「複合材料構造物の製造工程および性能評価に対するCAE技術の紹介」 新関 浩 (日本イーエスアイ株式会社)
3.「CFRP Manufacturing Process Simulation State of the Art」 Corey Lynam, P.Eng ,
4.「航空機用複合材主構造開発の Lessons Learned」 (42年間の開発経験の総括)」 小笠原 和夫(技術コンサルタント)

講演の後、見学会と懇親会を行います。

*************************************************
        以上
第8回自動車用途コンポジットシンポジウム(第62回コンポジット委員会研究会)のご案内

開催案内(PDF型式
テーブルトップ企業展示(Table top exhibition)の募集(PDF型式

コンポジット委員会では、2009年から毎年開催しております「自動車用途コンポジットシンポジウム」を企画いたしました。
複合材料分野の中でも,昨今,非常に注目の集まっている自動車分野に関するシンポジウムです。商品紹介にご利用いただけるテーブルトップ展示も募集しております。
皆様の積極的なご参加をお待ち申し上げます。

*************************************************
        記

「第8回 自動車用途コンポジットシンポジウム」

主催
日本材料学会・複合材料部門委員会,SAMPE Japan・コンポジット委員会,同志社大学・先端複合材料研究センター

開催日
2016年11月11日(金)  10:00〜17:05,17:30から情報・名刺交換会

会場
同志社大学(今出川校地)寒梅館 〒602-0023 京都市上京区烏丸上立売下ル

<プログラム(暫定版)>
・基調講演:
「複合材料を用いた自動車軽量化技術の課題と実用例の紹介」
本田技術研究所 安原 重人 氏
「A Special Rubber Compound, expanding applications in CFRP Composite for Automotive」
Gummiwerk KRAIBURG GmbH & Co. KG Mr. Florian Plenk

・技術紹介
・一般講演発表
(セッション-1:新材料,成形技術開発と設計、セッション-2: 海外動向の報告)
・ポスター発表
・テーブルトップ展示
・情報,名刺交換会

<最終プログラム>
同志社大学・先端複合材料研究センターのHPをご覧下さい.
http://rdccm.doshisha.ac.jp/caa8/index.html

<各種締め切り>
・シンポジウム,情報名刺交換会申込締め切り: 2016年11月3日(木)
・テーブルトップ展示申込期限(先着6社まで): 2016年11月3日(木)
詳細は開催案内をご確認ください。

*************************************************
        以上
  • インフォメーション
  • 関連リンク集のご案内
    関連リンク集には、会員企業、関連学協会、関連研究機関、関連法人・団体のホームページを掲載しています。是非、ご覧ください。
    → 関連リンクページはこちら
イベントカレンダー
刊行物案内
学会事務局移転のお知らせ
SAMPE本部(英語)JCMA 炭素繊維協会日本複合材学会社団法人強化プラスチック協会
Global Home | 特定商取引に関する表記 | ENGLISH 先端材料技術協会
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-24-1 第2ユニオンビル4F
株式会社 ガリレオ学会業務情報化センター内
TEL:03-5981-9824/FAX:03-5981-9852
© SAMPE JAPAN. All rights reserved.